カラコン通販 送料無料 > ひとときの「ゆるさ」をお届けするコラムサイト > ライフスタイル > 座禅女子がひそかに増加中!?心も体も美しくする座禅のメリットとやり方

座禅女子がひそかに増加中!?心も体も美しくする座禅のメリットとやり方

ライフスタイル

01

座禅というと、厳かなお寺でシーンと静まり返ったなか、動いたらお坊さんにピシャっと肩を叩かれる、こんなイメージが強いのではないでしょうか。また、なんとなく敷居の高さを感じるものですよね。

しかし、現代の座禅は気軽に体験できるものが増えてきました。また、わざわざ座禅が体験できるお寺に足を運ばなくても、自分一人でやってみるのもいいですね。
今回は座禅のメリットと簡単なやり方をご紹介します。

座禅を始める若者が増えている

座禅にはつらく厳しい印象がありますが、もともとは禅の修行方法の1つで、姿勢正しく座り、精神統一をするためにおこなわれてきた背景があります。そのため、一般の人にはあまりなじみのないものでした。しかし最近は、朝活としても人気があり、各地のお寺で気軽に体験ができます。

ちなみに肩を叩く棒は「警策(きょうさく)」といい、集中していない人や眠りそうな人に対して、合図を送ったあと叩きます。また、自分自身で睡魔や邪念が払えないと感じたら、お願いして叩いてもらうこともできます。

日常生活ではあまりなじみのない座禅ですが、近年では若い人や女性の間で非常に人気が高まっています。その理由は、座禅には心も体も美しく、気持ちをスッキリさせる効果があるためです。

座禅のメリット

座禅はただ座っているだけに見えますが、さまざまなメリットがあります。

セロトニンの分泌が促されて脳がリラックスする

座禅をするときの呼吸は「腹式呼吸」です。腹式呼吸を意識して呼吸をすることで、セロトニンが分泌されます。このセロトニンは体内で重要な働きをしている物質で、心の安らぎなどに関与するため、「幸せホルモン」と呼ばれることもあります。

セロトニンが不足することで、うつ病や不眠症などの精神疾患になりやすいといわれているため、その分泌を促す座禅は心身の安定に効果的と考えられます。

ストレス軽減

座禅で重要なのは呼吸です。姿勢を正して座ることで、普段よりも深い呼吸ができます。そして安定した呼吸はリズムを持ち、そのリズムが繰り返されることで気持ちも安定し、副交感神経が優位な状態になります。副交感神経が優位になると穏やかでリラックスした状態になるため、抱えているストレスが軽減されるでしょう。

また、仕事をする前や、大事なプレゼンの前などにおこなえば、リラックスした気持ちで仕事やプレゼンに臨むことができますし、眠る前であれば眠りに入りやすくなる効果があります。日常に座禅を取り入れて、ストレスを軽減しましょう。

記憶力や集中力アップ

座禅は静かな環境でやる印象がありますが、自然のなかでも風の音や鳥の鳴き声、街中であれば人や車の音が聞こえます。

座禅のときは特に音に対して敏感になってしまうため、集中力を途切れさせる原因になります。しかし、雑音のなかでも自分の呼吸に意識を集中し、不要な情報は捨てていくことを継続すると、知らない間に集中力や記憶力が高まります。

現代はスマホやパソコンを見ることが多く、次から次へといろいろな情報が流れてきて、1つのことになかなか集中できません。ですが、座禅で集中力を鍛えることは可能です。

腹式呼吸で内蔵脂肪を燃焼

腹式呼吸は内臓の働きを活性化する効果があり、血流や冷え性の改善、新陳代謝の向上が期待できます。さらに、正しい姿勢で長時間呼吸をすることで腹筋やインナーマッスルが鍛えられます。特に内臓脂肪や腰回りの脂肪が燃焼しやすいといわれているため、ダイエットに取り入れても面白いでしょう。

また、ランニングなどのスポーツに比べて負荷が少ないので、これから何か始めたい、という人にもおすすめです。

簡単な座禅のやり方

02
正式なやり方は座禅体験などで教えてもらえますので、今回は椅子に座ってできる座禅のやり方を紹介します。

まず、椅子に背筋を伸ばした正しい姿勢で、あごを引いて座ります。
次に手に「法界定印(ほっかいじょういん)」を結びます。法界定印は、右の手のひらを上向きにしておき、その上に左の手のひらを重ね、親指同士をふれ合わせる手の組み方です。手を組んだら視線を1m前方に落とし、口を一文字に閉じます。

姿勢ができたら、「欠気一息(かんきいっそく)」で呼吸を整えてから、通常の腹式呼吸をします。欠気一息は、口を少し開けて、息をゆっくりと長く吐き切り、次に鼻から吸い、また深く吐きます。これを2,3回おこないます。

おわったら、丹田(へその下10cmの部分)を意識して、腹式呼吸をしてみましょう。このとき、目は見開かず、閉じない「半眼(はんがん)」という状態を意識してください。

実際の座禅は40分間おこないますが、自宅や職場でやるなら5分程度で十分だと思います。想像以上にスッキリするので、試してみる価値アリです。また、この方法であれば、移動時の電車のなかでもできるでしょう。

大切なのは、「呼吸をしている」ということに意識を集中することです。

おわりに

「座禅なんて難しそう…」と思っている人も、まずは自宅で腹式呼吸をするところから始めてみてはいかがでしょうか。また、本格的にやってみたい方は、インターネットで近くの座禅体験を探してみてください。いくつか見つかると思いますので、あとは自分にあったところ見つけ出しましょう。

座禅のすごいところは道具が必要ない上に、スポーツをするような体力もいらないことです。座禅で心も体もスッキリ軽くなってみませんか。

この記事を監修した人

大塚真紀

大塚真紀

東京大学大学院医学系研究科卒。 内科医師として10年勤務。腎臓と透析が専門。現在はアメリカに滞在し主婦をしながら医療系記事ライティングに従事。医師としての記事の監修、医学生用のコンテンツ作成経験有。

当日発送&全国送料無料のカラコン通販サイト Mew contactはこちら