カラコン通販 送料無料 > ひとときの「ゆるさ」をお届けするコラムサイト > ライフスタイル > ツイッターこそが最強のモテツール!?アイドルに学ぶモテテクニック『私信』編

ツイッターこそが最強のモテツール!?アイドルに学ぶモテテクニック『私信』編

ライフスタイル 日笠 麗奈

lesson.7-

こんな記事を書いておきながら、実際はコミュニケーション力がてんでない私。
特に、アイドルとの接触(握手会などでアイドルと直接交流すること)は緊張MAXなので、なるべく参加しません。ツイッターでリプライすら送れません。
アイドルからの”ふぁぼ”も、「気を使ってふぁぼしていただいて、お手間取らせてすみません!」と申し訳なくなってしまうので、ツイッターで推しのアイドルについて呟くことすらなかなかできません。
応援したいのに、相手を想ってこそなのに、結果ツイートしてないのだから元も子もない。愛情表現って難しい。

 
……コミュ力ってどこで買えますか?
 

というわけで、同じくコミュ力のない皆さん!今回も一緒にモテテクを学んでいきましょう!

今回の所作は『私信』

7-1

『私信』とはSNS上などでアイドルが特定のファンにしかわからない内容を投稿すること。いわゆる「2人だけの秘密」ってやつです。
例えば、ファンがプレゼントしたアイテムを身に着けた写真をブログに投稿する、握手会中に話した会話にまつわる内容がブログに織り交ぜられている……などなど。
ガチな『私信』は時に問題となってしまうこともあり、良くないこととはわかっていても、やっぱりこちらとしては嬉しい…というのが本音でしょう。
 
ま、実際のところはオタさんの勘違いや思い込みがほとんどなんですけどね。(笑)

アイドルとファンという関係においてはタブーでも、日頃の人間関係においてはとっても有効な『私信』。日常生活に、さっそく取り入れていきましょう!

『私信』を取り入れよう!

 
7-2

アイドルでなくても誰でもやっているSNS。これを活用しない手はありません!

例えば好きな人と遊んだあと、ツイッターに一言、「たのしかったな。」とだけ呟いてみましょう。
主語も述語も必要なし!遊んだ相手にだけ伝わればいいので、シンプルな言葉でOKです。

褒め言葉は直接言われるよりも第三者を介したほうが効果的、という説は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
これは直接言われるよりも利害関係を感じることがなく、真実味が増すため。

恋愛においても有効なこのテクニックですが、共通の知り合いなどがいない相手の場合なかなか難しいですよね。
そんなときに、ツイッターが“第三者”の役割を果たしてくれるのです!
さらに、ツイッターは誰に向けたわけでもない独り言っぽさがあるので、より本音だと思われやすい傾向があります。“どこで”“誰と”といった説明がないほうが、他者に向けた感が薄れてGOOD!

本人に直接「今日は楽しかった!」と伝えるのももちろん大切ですが、誰に向けたわけでもないツイッターに投稿された突然の『私信』に相手はドキッ!
本当に楽しんでくれていたんだなぁ…と、嬉しさも倍増。好感度も上昇まちがいなしです!

ちょっとズルいテクニックかもしれませんが、効果は抜群。
『私信』で恋を掴んで、彼だけのアイドルになれる日はもうすぐそこ…!?

この記事を書いた人

日笠 麗奈

モデル・ライター・イベントMCなど、来る仕事拒まずのなんでも屋さん。アイドルとテレビとお酒が好きです。Webメディア「LoGiRL」「cakes」などで連載中。

お仕事のご依頼はこちらまで→hikasa.reina@gmail.com

当日発送&全国送料無料のカラコン通販サイト Mew contactはこちら